スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

外国人の患者様が急に来院!の時の英語 Super Simple & Useful English in Acupuncture Clinic

  仕事が忙しくてなかなかUPできませんでした、東洋医学英語パート2。 クリニックに思いがけなく外国人の患者様が!という場合のクイック英語です。 私は今、パリのクリニック(フランス語では小さめのクリニックをCabinet =キャビネと呼びます)が忙しくて大変。カルテをフランス語で書いてるとすぐ時間がたってしまう!私は鍼灸を基本英語で学んだので、すぐについ英語が出ちゃう。困った時とっさに出てくるのも英語で。。。なかなかフランス語は上達しない。。。  ちなみに、キャビネに来る患者さんだけじゃなく、同僚やパリの街中でフランス人とコミュニケーションして感じるのは、人々の温かさ。よくパリの人は「Rude(態度悪い)」「Cold(冷たい)」とか言われますけど、so far 全然そんな事ない。親切で暖かい。NYだと外国人に対して「英語しゃべれないの?めんどくさいなぁ」って態度する人も多いですが(逆にそーゆー人達を流暢な英語ではねのける時に「勝った」と感じる、勝負の街 NY)、でもパリは、フランス語ヘタでも人々はわかろうとしてくれるし「フランス語は難しいものね」って慰めてくれます。ちょっと昭和のおじさん、おばさんっぽい「おせっかいな暖かい」感じの人々もいて、発音を直されることも(←これ感謝)! 以前私は仏系の会社に勤めてたのですが、正直私はフランスにあまり興味を持っていなかったのです。その私が、フランスがこんなに好きになるなんて!って感じです。(←その頃パリへ出張に来てたときに感じれなかったのがつくづく残念…。) と、前置きが長くなりましたが、フランス語がまるっきり初心者の私は、自己紹介するとき「NYから来た」と仏語で自己紹介します。すると80%くらいの患者さんが「じゃあ英語でしゃべろう!」って言ってくれます。練習したいとか言ってくれてなんだか超ありがたい。でも難しい英語の言葉はもちろん、わからないことも多いので。わたしは「メディカル用語はわかりますのでフランス語で大丈夫ですよ」と言っておきます。そしてシンプルな英語(またはフランス語)を使います。 という訳で超シンプル英語。日本でもクリニックに外国人の患者さんがいらした際、使えると思いますのでご紹介します! (特に日本の文化や言葉を理解していない患者さまとのコミュニケーション用です。) Hello! My name is Mido

最新の投稿

日本発グローバル。タバタ TABATA トレーニング(そのままで通じます)

東洋医学を英語にしてみると Eastern Medicine in English?

情熱と冷静のあいだ(の脂肪)

オペラ座の暇人

鍼の米国における地位と変貌(アメリカで鍼灸師になりたいかも?)について II

門限は続くよ~どこまでも・・・

Beauty WItch 奥様は美魔女?

バイリンガルは初夢を英語で見るか? (フィリップKディック風に)

ホリディという名の(欲望の)電車 

ロックダウン中のThanksgivingの耐えられない軽さについて :(